中国人が冬場に心がける「3つの健康法」とは?

本日、11月22日(日)は農暦で言うと十月八日になり、二十四節気の「小雪(しょうせつ)」にあたります。ここ中国大連市では本日午後6時過ぎの時点で気温が-1℃と大分下がっています。今回は冬場に中国人が心がけている「3つの健康法」についてご紹介しましょう。

〈冬に3つの食べ物を食べる
1.羊肉

羊肉は冬に欠かせない食品です。『本草綱目』(中国明代16世紀の薬学百科全書)の中に羊肉は脾と胃の働きを整え、食欲を増進させることができる、という記述があります。

羊肉には体を温める性質があり、冬場は人の陽気が体内にて収斂されるので、羊肉によって栄養を補い、手足の寒気(寒さ)を改善することができます。しかし、羊肉を食べるのはどんな人にも適しているわけでははく、消化不良の人および体質がもともと熱く、よく咳き込むような人は、控えめにしたほうがよいでしょう。

2.白菜
「どんな野菜も白菜にはかなわない」という人もいます。白菜にはたくさんの粗繊維が含まれており、長期間摂取すれば腸と胃の機能を増強させ、消化を促すことができます。とりわけ冬に食べるのが最も適しています。同時に、白菜には豊富なビタミンも含まれており、酸化を防止し、アンチエイジング作用があります。冬場は皮膚が乾燥し、肌が荒れやすいので、白菜を多く食べればよい効果が望めるでしょう。

3.栗
栗は「果物の王様」とも呼ばれます。栗は脾と胃を養い、腎と筋肉の働きを強めます。冬は気候が寒いので、体が「腎虚」の状態で弱くなっている高齢者が栗を食べると、体の増強効果が期待できます。かつ栗は豊富なビタミンと不飽和脂肪酸をたくさん含んでいるので、免疫力を高め、老化も防止できます。ただし、栗は炭水化物が豊富なので、糖尿病の人は控え目にしたほうがよいでしょう。

〈冬に3つの飲みものを飲む〉
1. 山芋のお粥
山芋は冬季の貴重な腎を養う食品です。その粘液は腎を養い陰を補い、津液をよく固摂(保持)する働きを備えています。山芋をしばしば食べれば、循環器系の疾病(狭心症、アテローム性動脈硬化症)に対する予防作用があり、ダイエット効果もあります。さらに人体の免疫機能と病気予防能力を高められます。

2.鶏肉のスープ
鶏肉は牛肉および羊肉とは違い、体を温め補う働きがあるものの、たくさん食べても「上火(のぼせる)」状態になりません。寒い季節には鶏肉のスープを飲むと胃から心まで温めることができます。スープをつくる過程では、弱火でゆっくり煮て、栄養物をゆっくりと出すようにします。さらにスープの中にきくらげ・ナツメ・生姜・クコの実などを加えるとよいでしょう。しかし、高尿酸血症・高脂血症・胆嚢炎・胆石症などの疾病患者は鶏肉のスープを飲むのには適しません。

3.大根のスープ
昔から「冬に大根を食べ、夏に生姜を食べれば、医者は処方箋を出す必要がなくなる」と言われています。大根には強い「行気」の機能があり、大量の水分を含み、栄養も豊富で解熱作用があります。大根のスープは冬季の養生健康のトップセレクトです。大根はスペアリブ・牛肉(お尻の部分)・干しエビなどと一緒に煮込みます。その過程でネギもたくさん加えると、臭みを取り、陽気を通すことができます。

〈冬に心がける3つの習慣〉
1.温水で脚を温め、腎気を養う

冬場になると気候が下がるため、人は四肢が冷たくなり、力が出なくなりがちです。そのためこの季節には、温水で脚を温め、腎陽を補う必要があります。脚を温める時間は15分くらいがちょうどよく、継続していくことが肝心になります。腎の状態は耳に開竅(反映)されやすいので、脚を温水で温める際には同時に耳をもんで温めると、腎気を補うことができます。

2.室外活動の時間は早すぎていけない
「冬に少し体を動かすと、病気を減らせる」と言います。冬にも適度に運動すべきですが、室外活動の時間には注意が必要です。早寝早起きしても、あまりに早くから運動を始めてはいけません。太陽が出るのを待って、体が全体に目覚めてきてから外で運動しましょう。冬場には空気が悪いときがよくありますが、このような場合は室外活動をできるだけ減らし、外出するときには必ずマスクをしましょう。

3.頭部頸部の保温に注意する
冬に最も重要なのは、防寒と保温です。全身は衣服に包まれていますが、頭部と頸部は逆に熱が最も外に出やすい場所です。頭部・頸部が冷たくなると、末梢血管の収縮を引き起こし、心臓と脳の血管の疾病を誘発しやすくなります。心臓と脳の血管の疾病を患う人は、天気の寒いときは、頭部と頸部の保温に特に注意しなくてはならず、外出時には帽子をかぶり、マフラー等の保温グッズも必要でしょう。

【出典】
来源:国学生活(WeChat ID:gxsh789)
2020-11-22「小雪养生:吃三样,喝三样,健康就靠这三样!」

中国大手ECサイト「京東(JD.com)」で人気売り筋の「健康商品」は?

今中国で人気売れ筋の「健康」に関わる商品は何だろうか?今回は中国大手EC(インターネット通販)サイト「京東(ジンドン)/JD.com」を使って調べてみた。

ちなみに京東についてちょっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考に。
https://global-marketing-labo.com/2018/10/04/10170/

以下のアドレスが京東の公式ホームページになる。
https://www.jd.com/

上の公式ホームページにアクセスするとこのような京東トップページが表示される。

(出典:https://www.jd.com/)

トップページの検索欄にキーワード「健康」と入力してみると以下のような商品が表示された。

(出典:https://search.jd.com/Search?keyword=%E5%81%A5%E5%BA%B7&enc=utf-8&wq=&pvid=1caecb1ada6f4399a05b804444785c6c)

サイトの商品は「総合評価の高い順」、「販売量の多い順」、「評価数の高い順」「新品の順」、「価格が高いか安い順」に並べ替えることができる。最初は「総合評価の高い順」に並べられているので、これを「販売量の多い順」に並べ替えると以下のようになった。

(出典:https://search.jd.com/Search?keyword=%E5%81%A5%E5%BA%B7&enc=utf-8&qrst=1&rt=1&stop=1&vt=2&psort=3&click=0)

「健康」に関わる人気売れ筋商品ランキング第1位は、中国の家電メーカー「シャオミー(小米科技)」の体脂肪体重計となっている。1台105元(約1,600円)。携帯アプリに接続し、体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・水分率・タンパク質率・内臓脂肪レベル・基礎代謝量・骨密度・身体年齢・理想体重・体型・健康点数についての健康状況を把握・記録していくことができる。

(出典:https://item.jd.com/100005174148.html)

売れ筋第2位は中国のサプリメント会社「湯臣倍健」のプロテインパウダー600g、338元(約5,400円)。体の免疫力を高める。

(出典:https://item.jd.com/2346246.html)

第3位および第6位は、中国の大手通信機器メーカー「ファーウェイ」のデジタル体脂肪体重計CH18。第3位は京東記念版で129元(約2,000円)、第6位は通常版169元(約2,700円)。基本的な機能は第1位のシャオミーの体脂肪体重計と同じ。

(出典:https://item.jd.com/100000991700.html)

第4位は第1位と同じくシャオミーの体重計。65元(約1,000円)。

(出典:https://item.jd.com/100005174146.html)

第5位はファーウェイのスマートバンド4、199元(約3,200円)。酸素飽和度・心拍数の測定が可能で、睡眠モニタリング・電子マネー支払機能等が備わっている。

(出典:https://item.jd.com/100005173109.html)

第7位は高麗人参の生理活性物質ジンセノサイド(Ginsenosides)カプセル「REDSENOL-1」。カナダからの輸入品で15日分1箱898元(約14,000円)。体の免疫力を高めることができる。

(出典:https://item.jd.hk/1959113403.html#crumb-wrap)

第8位は米国の製薬会社「アボット・ラボラトリーズ」のプロテインパウダー「全安素(エンシュア)」900g2缶(輸入品)、416元(約6,700円)。

(出典:https://item.jd.com/1253339.html)

第9位は第2位と同じく「湯臣倍健」のプロテインパウダー商品、第10位は第3位および第6位と同じくファーウェイのスマート体脂肪体重計CH19。

中国で人気売れ筋の「健康」に関わる商品は、体脂肪体重計、プロテインパウダー、スマートバンド、免疫力増強カプセルとなっている。

では「健康」に関わる商品の顧客ターゲットを「中高年」に限定した場合にはどのような結果になるだろうか?次回は中高年向けの「健康」に関わる商品について調べてみたい。

高齢化する大国・中国を追いかける