中国インターネット病院の現状と今後の課題

2021年1月16日、ウィーチャットアカウント「奇偶派」は「インターネット医療は薬の神様なのか?」と題する記事を掲載し、中国のインターネット病院の現状とその課題について説明した。

00 インターネット病院が急増した!

2015年12月7日、中国で最初のインターネット病院「烏鎮インターネット病院」が成立し、ネット上での電子処方箋・医者の指示延長・電子カルテのシェアリング等のサービスの口火を切った。

それから5年経った現在、便利さ・速さにより、インターネット病院の診療と薬購入はかなりの中国人に受け入れられるようになっている。特に新型コロナウイルス肺炎の流行以降は、オンライン診療が政策の後押しを受け、莫大なユーザー獲得に成功した。

『2020中国インターネット医療業界研究報告』には以下のようなデータがある。
・インターネット病院の診療受入患者数→毎月のべ3億人以上
・インターネット病院数→600施設
・営業許認可を受けたインターネット薬局数→693店
・インターネット診療のアクティブユーザー数→毎月5400万以上(ピーク時6000万)

しかし、インターネット病院ユーザーの7割近くは中卒以下の学歴しか持っていないという。ネットユーザーに専門の医療・健康知識が欠けていることは、インターネット病院がそれを補完する役割を担えるかもしれないが、他方で患者があまりに手軽にオンライン診療と薬購入ができることは、非常に大きなリスクもはらんでいる。

01 患者はどの薬を買えばいいのか?

「難しすぎる。1週間たってもまだ買えない。」インターネット病院の新ユーザーとして梅歓さんは最初にネットで診療を受けて薬を購入したときの経験をこう語る。ある晩、梅歓さんがベッドに横になっていたとき、突然呼吸が苦しくなり、息が吸えなくなった。そこで彼女は先日知人から耳にした「京東健康」「平安医家」「丁香医生」「医鹿(元アリババ健康)」というオンライン診療アプリをスマートフォンにダウンロードし、オンライン診療を受けてみた。

梅歓さんが「京東健康」のオンライン診療を利用してみたところ、呼吸器内科のある医師(三級甲等病院に勤務)は初診で「気道高反応」という診断を出し「アミノフィリン」を服用したほうがいい、とアドバイスした。ところが3日後に彼女が再び京東健康を利用したところ、別の医師(中医内科)を紹介され、その医師は彼女に問診で「肝鬱が重すぎる」とし、「丹栀逍遥丸」という中医処方薬(漢方薬)を服用するようアドバイスした。梅歓さんは同一のサービスプラットフォーム内で、患者の症状が同じなのに、異なる診療科が紹介され、さらに違った診断結果と服薬アドバイスが出たことに強く疑問を抱いた。

梅歓さんは続けて「平安医家」のアプリを使い、呼吸器内科の医師に診療を受けたが、そこでは「せき変異性喘息で、検査の必要あり」と診断され、「硫酸サルブタモール吸入薬」と「モンテルカスト」という処方薬を紹介された。また「丁香医生」のオンライン診療を受けると、「(近くの)病院に行って検査を受けてから、病院の先生に直接処方箋を出してもらってください」というアドバイスを受けた…

梅歓さんは結局、さまざまな診断結果に対し、どの薬を買えばよいのか、わけがわからなった。しかし、こうした状況があるにも関わらず、ユーザーと患者がインターネット病院を利用して医薬品を手に入れることは、かつてなく容易になっているところに矛盾がある。

02  医師の問診はコピペに頼っている?

患者が医療において自分に最適な医師を探し出すことは非常に難しいが、病院では各種の診療方法のサポートおよび検査により、その問題について補正することが可能だ。しかし、インターネット病院ではこの問題がさらに拡大される。

実を言うと、京東健康の医師の回答については、登録されている医師は多くの場合、プラットフォーム内の「モデル回答」をコピーして使用している。2020年11月の国家薬品監督管理局『薬品インターネット販売監督管理方法(意見募集稿)』では、ユーザーは「執業医師」の指導の下で薬を購入・使用するよう規定しているが、しかしインターネット病院の処方薬についての厳格な監督・管理は非常に形式的で、消費者にとって購入のハードルがほぼなくなっている。

京東健康はユーザーが問診で薬の服用歴とアレルギー歴を記入するとき、これらの様式化された質問を「電子処方箋」と「医師との問答」の中にひそかに移している。つまり、ユーザーは医師による実質的な問診過程を経なくても、インターネット病院プラットフォームで気楽に自分が欲しい処方薬を注文できるようになっているのだ。この全過程は極端にネット化されており、野菜を買うようにあっという間に薬が買える。この便利な電子処方箋の入手方法は、「偽診断」「偽処方」を生み出し、インターネット病院の信用を傷つけ、全業界に与えるリスクが非常に大きい。

03 ネット病院は薬販売に夢中

インターネット病院は、「健康知識の普及」と「早期スクリーニング問診」だけでは利益を出せず、プラットフォームの現在の主な収入源は薬販売になっている。薬販売の収入が京東健康の総収入の約9割を占めている。アリババ健康の薬販売の総収入に占める割合はさらに高く、かつ毎年増加している。その他のプラットフォームの状況もだいたい同じである。

プラットフォームが薬販売に過度に依存しているため、多くのインターネット病院は売上増加のプレッシャーの下、ユーザーと患者にスピーディーに薬を購入させるため誘導しようとしている。薬購入取引の成功が、多くのインターネット病院プラットフォームでは業績評価の唯一の基準になっている。

インターネット病院プラットフォームは、医師と患者の関係をオフラインからオンラインへと移行させたが、双方の矛盾や衝突を解決する可能性を示せてはいない。プラットフォームは利益増大のプレッシャーの下、システムそのものと医師たちがユーザーと患者に薬購入行動を加速させ、監督管理から逃れようとするリスクをはらんでいる。

04 「医師の神様」になるべき?

上海復旦大学病院管理研究所の高解春所長は、インターネット上で2タイプの診療は完成できると語る:
1) 患者が初診のあと検査し、さらに報告書を医師に見せに行かなければならないとき。初診時にすでに問診をしているので、後から医師が報告書を見て処方するのは、インターネット上で行える。
2) 慢性病患者の長期的な健康管理で、たとえば定期の健康通知・健康診断通知・定期の調薬など。慢性病患者は大病院に来る診療患者数のほぼ30%を占めている。
以上の2タイプの患者数は現在、大多数の公立病院が提供する毎日の医療サービス量のうち40%近くを占めている。インターネット病院は、「薬」ではなく「医(医師)」の問題を解決する上で巨大な潜在力を秘めている。

インターネット病院は、全国の医師資源の不均衡現象を改善させる可能性もある。医師が空いた時間に更に多くの患者のために、詳しい診療と回答を行える。オフラインでは外来で一人の医師が毎日何十人も患者を見るので、それぞれの患者にさける時間はとても少なくなる。しかも、全国の医師のレベルの差・都市と農村間の差・東部と西部の差は大きいので、インターネット病院は、すくなくとも健康知識の普及と初診サービスの面で医療資源が欠けている地域のために貢献することができる。

現在の中国のインターネット病院はまだ「医師によって誘導し、薬品によって儲ける」という粗野な発展段階にあるが、その本来の目標はインターネット病院が「薬の神様」になることにあるではなく、「医師の神様」になることにあるのではないだろうか?(翻訳・編集/矢野)

今年の養生秘訣の80%はこの記事にある!【中国式健康法】

わたしたちは地球上の万物とともに生成変化しており、その環境から離れて養生(健康法)を語ることはできません。養生の第一条は「四季の移り変わりに従うこと」です。それはつまり、『黄帝内経』(中国古代の医学書)に説かれている「春生・夏長・秋収・冬蔵」の特徴に照らして自分の生活を調整していくことにほかなりません。

【春生】

春は、万物が蘇り、草木がすくすく成長していく「生気が充溢する」季節といえる。この季節になったら、夜はすぐに床に入って早起きし、気持ちを楽しくのびのびさせ、万物の生気を保持するとよい。(『黄帝内経』)

(1)陽気を生みだす
春は陽気がだんだんと生じてきますが、陰寒(陰気と寒気)はまだ消滅していません。その上、風邪(ふうじゃ)が盛んとなり、それが身体に侵入して陽気を損いやすくなります。

そのため普段から、「陽気を温補する」食べ物を摂取したほうがいいでしょう。例えば、ネギ、生姜、赤身の肉、卵、タンパク質・豆類・野菜などの食品は、寒邪を退散させ、陽気を補うことができます。

(2)肝気を補う
春気は肝気と相通じており、春が到来すると、気血が内側から外側に向かうようになりますが、その機能は肝が主に担っています。そのため、春は肝を補うことが重要になります。

肝経(経絡)は身体の両側にあり、側臥位になる(左臥位か右臥位かは関係なく)と肝気を養うことができます。なぜなら、人が側臥位になったときには、血が自然に肝経に向かっていくからです。「肝は蔵血を主(つかさど)」っており、血が肝経に到達すると、身体が安眠できるようになり、肝も一日の造血機能を始めるようになります。

(3)風邪(ふうじゃ)を防ぐ
春は風邪が盛んになり、その上天気が暖かくなったり、寒くなったりするので、病気を誘発しやすくなります。そのため、免疫力を増強する必要があります。

運動する・ワクチン預防接種をする・良好な衛生習慣を心がけるなど通常の対策のほか、優良なタンパク質を補充し、保温にも注意する必要があります。

春は肝火が旺盛になりすぎるので、病気にかかりやすくなります。たんぽぽを食べ、肝経を通し、熱やのぼせを取り除くとよいでしょう。たんぽぽの柔らかい茎葉(100g)を洗い、水を切り、調味料をつけるだけでよく、すこし苦味がありますが、味は新鮮でさっぱり口当たりもよいでしょう。

【夏長】

夏は、万物の成長が盛んになる。人は夜中に寝て、早起きし、楽しい気分を保ち、怒ってはならない。気を自在に発散させ、外界の事物に対して興味を深く持つとよい。(『黄帝内経』)

(1)心を養う
中医(中国医学)では夏は火に属し、内心が外に行き渡るため、心が落ち着かず不安になり、胸が塞ぎ気が短くなる、としてます。そのため、暑い季節には心を養うことが重要で、それにはまず睡眠をよくとることが大事になります。

生薬の酸棗仁(サンソウニン)は心を落ち着ける食材で、お粥を煮て酸棗仁を少し入れれば、心臓を養うことができます。しっかり寝付けない人は、蓮の実をさらに加えると、心が落ち着くようになるでしょう。

(2)湿気を除去する
夏は汗をよくかくため、気を消耗し陰を損ないやすくなります。そのため水分を適宜補給するほか、気と陰を補うことのできるあっさりした食べ物(ナガイモ・蜂蜜・レンコン・キクラゲ・豆乳・百合根のお粥など)を摂取して体質を増強させるとよいでしょう。

中国中医科学院の楊力教授は、夏至の「養心清暑(心を養い暑さの原因を取り除く)」の方法として、「三葉茶」(蓮の葉・竹の葉・薄荷の葉)を推薦しています。

夏に三種の葉を一緒にするか(それぞれ3~5gずつ)あるいはその中から一つを選び(蓮の葉・竹の葉は5~10g、薄荷の葉は5gでよい)、お茶に入れて飲みます。心火を落ち着け、心を養い、暑さを取り除く非常に有効な方法です。

(3)脾胃を守る
夏は脾胃がもっとも脆弱になる時期です。脾胃は温かさを好み、寒さを嫌います。そのため、夏は冷たいものを食べすぎてはならず、冷たい食べ物は食べなくてすむなら食べないほうがよいでしょう。このほか、女性はハトムギ・マツホド・フジマメ・アズキ・ヘチマ等を食べると脾胃を養うことができます。

【秋収】

秋は、自然界の万物が成熟して落ち着き、収蔵されていく。この時期、人は早寝早起きし、気持ちの落ち着きを保つべきである。精神を引き締め、秋の容平(ようへい)状態に適応していく。(『黄帝内経』)

(1)肺を潤す
秋は金に属します。金は肺をつかさどっているため、秋は肺を養うのに適しています。

肺は「昇清」の役割を果たし、水液の代謝を担っていますが、しかし秋は気候が乾燥しやすく、気体の入れ替わりが肺の機能に影響しやすくなります。

秋になってから天気が次第に寒くなり、肺気が損なわれやすくなるため、肺部の病気がよく起こります。そのため、肺を養うことがとりわけ重要になります。

蜂蜜・ビワ・百合・鳥梅(ウバイ)等の柔らかくてみずみずしい食べ物を摂取し、胃・肺を養い、津液を生成するとよいでしょう。

普段、できるだけ水を飲んで肺を養い、秋冬には毎日、その他の季節と比べて500ml以上多く水を飲み、肺と呼吸器の正常な湿度を保つ必要があります。

(2)寒冷を防ぐ
秋には朝と夜で温度差が大きくなります。朝と夜は衣服とふとんをさらに加えるようにし、寝るときも保温に注意します。とりわけ心・脳血管疾病患者・慢性気管支炎患者・体質が弱い高齢者と子どもたちは、気温の変化にしたがい衣服を加減するよう注意します。

普段あまり運動をしない人は、両手をいつもマッサージして刺激するようにすれば、健康に有益で、肺を養う効果が期待できます。

マッサージ方法:両手の十本の指を開き、手のひらを100回たたきます。手のひらがやや赤く熱くなる程度がよく、たたき終わったら両手を軽く揉みます。

(3)排便を促す
秋は「収」をつかさどり、万物は収蔵に向かう力が働くため、身体の新陳代謝による老廃物も体内に蓄積され、各種の病気が起こりやすくなります。

そのため、わたしたちは「身体の三通(大便・小便・肝液を通す)」を保つようにしなければなりません。定時に排便する習慣を守り、正常な人は毎日500g程度の野菜を食べ、適度に雑穀を摂取すると便秘を避けることができます。

【冬蔵】

冬は生気が潜伏し、万物が閉じこもる季節である。人は早く寝て遅く起きるべきで、働きすぎてはならない。寒冷を避け、温暖を求めるようにする。皮膚を寒気にさらして陽気を損ねないようにする。これが冬季に適応して身体の閉蔵機能を保っていく方法である。(『黄帝内経』)

(1)腎を養う
冬は寒冷で、腎を養うべき季節です。中医は「腎は耳に開窮(相関)する」としており、この時期には耳をよくマッサージすると、腎臓の保健と気血の通りを助けることができます。

睡眠は腎臓を守る重要な方法で、「子午の睡眠」をしっかりとることが大事です。中医の説く「子午の睡眠」とは、毎日子の刻(夜11時から深夜1時)および午の刻(午前11時から午後1時)が腎を養うために最も睡眠の必要な時間帯だ、ということです。正午12時頃、外の陽気が最も盛んなときに昼寝をすれば腎の陽気を養うことができます。夜中の12時頃は、外の陰気が最も盛んで、睡眠により腎中の陰気を養うことができます。

(2)心神を養う
冬の養生法として心神を養うことが重要です。具体的には読書し、植物を鑑賞し、音楽を聞き、柑橘類の匂いをかぐ等の方法により心神を養います。その次には、日向ぼっこ(日光浴)をすれば、精神を元気にすることができ、気分が愉快で晴れやかになります。

(3)胃を養う
冬は、人は知らずしらず多く食べがちになり、特に牛肉や羊肉等の「熱い食べ物」が好きな人は、胃を傷めやすくなります。

高齢者は、冬には、塩辛いものの摂取は控え、苦い味の食べ物を多くとるとよいでしょう。セロリ・ステムレタス・レタスなどをとるとよく、これらは炎症を治癒し、大脳を刺激し、疲労を除去する等のはたらきがあります。

同時に、「少しずつ」の原則を守り、毎回の食事量を減らして一日の食事回数を増やせば、全体の食事量は変えずに、お腹を減らさないようにすることができます。

栗は気と脾を養うのによく、腎と筋を補う働きがあります。青年・中年の人は栗のお粥を飲むとよく、脾と胃の働きを増強できます。
食べ方:栗10個と適量のお米を一緒に煮てお粥を作るか、あるいは栗を乾かして粉状にし、お粥を飲むときにそれを加えてもいいでしょう。

【出典】
養生中国
We Chat ID:YANGSHENG-CN
2021-01-02「今年的养生诀窍,80%都在这篇文章里!」

中国人が冬場に心がける「3つの健康法」とは?

本日、11月22日(日)は農暦で言うと十月八日になり、二十四節気の「小雪(しょうせつ)」にあたります。ここ中国大連市では本日午後6時過ぎの時点で気温が-1℃と大分下がっています。今回は冬場に中国人が心がけている「3つの健康法」についてご紹介しましょう。

〈冬に3つの食べ物を食べる
1.羊肉

羊肉は冬に欠かせない食品です。『本草綱目』(中国明代16世紀の薬学百科全書)の中に羊肉は脾と胃の働きを整え、食欲を増進させることができる、という記述があります。

羊肉には体を温める性質があり、冬場は人の陽気が体内にて収斂されるので、羊肉によって栄養を補い、手足の寒気(寒さ)を改善することができます。しかし、羊肉を食べるのはどんな人にも適しているわけでははく、消化不良の人および体質がもともと熱く、よく咳き込むような人は、控えめにしたほうがよいでしょう。

2.白菜
「どんな野菜も白菜にはかなわない」という人もいます。白菜にはたくさんの粗繊維が含まれており、長期間摂取すれば腸と胃の機能を増強させ、消化を促すことができます。とりわけ冬に食べるのが最も適しています。同時に、白菜には豊富なビタミンも含まれており、酸化を防止し、アンチエイジング作用があります。冬場は皮膚が乾燥し、肌が荒れやすいので、白菜を多く食べればよい効果が望めるでしょう。

3.栗
栗は「果物の王様」とも呼ばれます。栗は脾と胃を養い、腎と筋肉の働きを強めます。冬は気候が寒いので、体が「腎虚」の状態で弱くなっている高齢者が栗を食べると、体の増強効果が期待できます。かつ栗は豊富なビタミンと不飽和脂肪酸をたくさん含んでいるので、免疫力を高め、老化も防止できます。ただし、栗は炭水化物が豊富なので、糖尿病の人は控え目にしたほうがよいでしょう。

〈冬に3つの飲みものを飲む〉
1. 山芋のお粥
山芋は冬季の貴重な腎を養う食品です。その粘液は腎を養い陰を補い、津液をよく固摂(保持)する働きを備えています。山芋をしばしば食べれば、循環器系の疾病(狭心症、アテローム性動脈硬化症)に対する予防作用があり、ダイエット効果もあります。さらに人体の免疫機能と病気予防能力を高められます。

2.鶏肉のスープ
鶏肉は牛肉および羊肉とは違い、体を温め補う働きがあるものの、たくさん食べても「上火(のぼせる)」状態になりません。寒い季節には鶏肉のスープを飲むと胃から心まで温めることができます。スープをつくる過程では、弱火でゆっくり煮て、栄養物をゆっくりと出すようにします。さらにスープの中にきくらげ・ナツメ・生姜・クコの実などを加えるとよいでしょう。しかし、高尿酸血症・高脂血症・胆嚢炎・胆石症などの疾病患者は鶏肉のスープを飲むのには適しません。

3.大根のスープ
昔から「冬に大根を食べ、夏に生姜を食べれば、医者は処方箋を出す必要がなくなる」と言われています。大根には強い「行気」の機能があり、大量の水分を含み、栄養も豊富で解熱作用があります。大根のスープは冬季の養生健康のトップセレクトです。大根はスペアリブ・牛肉(お尻の部分)・干しエビなどと一緒に煮込みます。その過程でネギもたくさん加えると、臭みを取り、陽気を通すことができます。

〈冬に心がける3つの習慣〉
1.温水で脚を温め、腎気を養う

冬場になると気候が下がるため、人は四肢が冷たくなり、力が出なくなりがちです。そのためこの季節には、温水で脚を温め、腎陽を補う必要があります。脚を温める時間は15分くらいがちょうどよく、継続していくことが肝心になります。腎の状態は耳に開竅(反映)されやすいので、脚を温水で温める際には同時に耳をもんで温めると、腎気を補うことができます。

2.室外活動の時間は早すぎていけない
「冬に少し体を動かすと、病気を減らせる」と言います。冬にも適度に運動すべきですが、室外活動の時間には注意が必要です。早寝早起きしても、あまりに早くから運動を始めてはいけません。太陽が出るのを待って、体が全体に目覚めてきてから外で運動しましょう。冬場には空気が悪いときがよくありますが、このような場合は室外活動をできるだけ減らし、外出するときには必ずマスクをしましょう。

3.頭部頸部の保温に注意する
冬に最も重要なのは、防寒と保温です。全身は衣服に包まれていますが、頭部と頸部は逆に熱が最も外に出やすい場所です。頭部・頸部が冷たくなると、末梢血管の収縮を引き起こし、心臓と脳の血管の疾病を誘発しやすくなります。心臓と脳の血管の疾病を患う人は、天気の寒いときは、頭部と頸部の保温に特に注意しなくてはならず、外出時には帽子をかぶり、マフラー等の保温グッズも必要でしょう。

【出典】
来源:国学生活(WeChat ID:gxsh789)
2020-11-22「小雪养生:吃三样,喝三样,健康就靠这三样!」

高齢化する中国を追いかけて