華流ドラマが凄い!?

昨日の朝日新聞の朝刊に華流の古装(時代劇)ドラマDVD-BOXの全面広告が掲載されていた。

PIC_0548

記事で紹介されていたのは以下の3作品。

①隋唐演義(《隋唐演义》2013)

②孔子(《孔子春秋》2010)

③傾城の皇(《倾世皇妃》2011)

日本では『三国志』を始めとして中国の現代劇より時代劇の方が好まれる傾向があるようだ。中国ではその逆でみんな日本の現代劇の方を好んで見ていた。

私は現代中国で使われている会話表現の学習も兼ねて華流ドラマを見ているので、やはり現代劇を中心に鑑賞している。今まで見てきた華流ドラマ作品は以下のとおり。

・射雕英雄传(2003)     

・中国式离婚(2004)                                                                          

・双面胶(2007)                            

・爱情公寓(2009)

・蜗居(2009)

・手机(2010)

・怪侠一枝梅(2010)

・家的N次方(2011)

・裸婚时代(2011)

・心术(2012)

・蚁族的奋斗(2012)

・浮沉(2012)

・匆匆那年(2014)

鑑賞する前には必ず优酷网(http://www.youku.com/)で検索して評価の良いものを選んで見るようにしている。今は以前にも記したが『嘿,老头(Hey Daddy )!』(2015)を見ている。

http://www.youku.com/show_page/id_z5785e428cddf11e4b8e3.html

この作品はアルツハイマー型認知症を患った父親(以前はアル中)と息子との交流が軸になっている。中国も社会の高齢化を迎え、日本と同じような問題に直面していることが垣間見えてとても面白い。これまでに見てきた作品はここでもおいおい紹介していきたい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です