《嘿,老头(Hey Daddy)!》を見終わって 2

「嘿,老头!」を見て改めて思ったのは中国では親の介護が必要になった時、基本的に子どもが全部面倒を見るか、老人ホーム(養老院)に入れるか、まだこれぐらいしか選択肢がないのだろうということ。

日本だったらこれらのほか、ヘルパー(介護員)がいるので通所介護(デイサービス)やら訪問介護制度を利用するといった選択肢も出てくる。こうした介護サービスは東京とは違い、北京のような大都市でもまだ普及していないのだろう。ちなみに中国の高齢化率は10%弱で日本は25%程度(2014年)。

先日「高齢の親『自分で世話したい』、日本の高校生は38%のみ 中韓など4カ国で最低」(ヤフーニュース)「孝顺排行榜中国第一日本最后(孝行ランキング中国が首位で日本が最後)」(上海热线)といった記事がネットに出ていた。

中国では88%の高校生が高齢の親の世話は自分でしたい、と答えているのに対して日本の高校生は38%。日本の若者は「親不孝」に見えるかもしれないが、それは日本の高齢化率の高さ及びそれに伴った社会福祉制度・介護サービスの充実が背景にあるのは間違いないだろう。

さて、中国では88%の高校生が高齢の親の世話は自分でしたい、と答えてはいるけれども、それとは真逆の「空巣老人」が社会問題化している。「空巣老人」とは高齢者の一人暮らしか夫婦二人世帯のこと。

子どもが外地に働きに出たまま全然帰郷して来ないため、寂しく孤立する高齢者たち=空巣老人が中国にはたくさんいて社会問題化しているのだ。「嘿,老头!」ももちろんこうした問題を背景にして作られたテレビドラマなのだろう。

つまり、高齢の親の世話は自分でしたいけれども現実にはなかなかそれができていない、というのが中国の家庭の現状。だから遠くない未来、中国にも「親不孝者」が多い国の制度が普及していかざるをえないと思う…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です