「一人っ子政策」が終わった…

今日のニュースで中国の「一人っ子政策」が完全廃止されたことを知った。その理由は一段と進む「人口の高齢化」対策のためとのこと。

「『一人っ子政策』完全廃止=独自の産児制限、36年で終止符―中国」(ヤフーニュース)

「十八届五中全会:全面实施一对夫妇可生育两个孩子政策」(中国网 新闻中心)

一人っ子政策の歴史は「36年」というから私の人生の年数と大体重なる。私がまだ小学生ぐらいの小さいころは、中国事情の紹介として本に「一人っ子政策を採用」「主要な交通手段は自転車」「みんな人民服を着ている」というような記事がよく載っていたような記憶がある。

ところが、私が中国に行った2010年代にはこれらは全く過去のものとなっていた。「一人っ子政策を採用」については、現地の学生に聞くと、「田舎(地方)では規制が緩く数人の子どもがいるのも普通」「各地方で規制の厳しさに大分ばらつきがある」ということであった。なので兄弟姉妹がいる学生も結構多かった。

「主要な交通手段は自転車」については、現地に行って驚いたのは日本では全然見ない充電で動く「電動バイク」が相当普及していたことだ。高校生なんかもこれによく乗っていた。さて、この電動バイク、音がオートバイに比べて非常に静かなので、自分に近づいても気づかないことがかなり多く、結構怖かった。

「みんな人民服を着ている」については、今はもちろんこうした服ではなく向こうも「ブランド服」を好む時代だ。中国の大~中都市を旅するとユニクロの店が相当あった。知名度的にはみんなユニクロを知っている・持っているとまではまだいかないようだったけど、所得が比較的高い層はこうしたブランド服を「爆買」するようになっている。

さて、これからさらに30年後には日本と中国はまたどのように変化しているのだろうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です