過ちては則ち改むるに憚ること勿れ(過則勿憚改)

居酒屋「和民」で2008年に起きた当時26歳の女性店員が過労自殺した事件で、今日(12/8)法廷で遺族と会社側の和解が成立したそうだ。

そこで当時のワタミグループ代表取締役だった渡邉美樹参議院議員は、今日公式フェイスブックページを更新して反省のコメントを発表したが、そのコメントの最後の言葉を『論語』学而篇からの次の引用文で締めくくっている(参照:弁護士ドットコム)。

過ちては則(すなわ)ち改むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ(過則勿憚改

この句の大意は「過ちを犯したら(謝罪や反省を)躊躇(ためら)ってはいけない、すぐに行いを改めるべきだ」というもの。しかし事件発生からすでに8年が経過している。渡邉氏は少々「憚り」すぎたんじゃなかろうか。

さて『論語』里仁篇には次のような文もある。

子曰、人之過也、各於其黨。觀過、斯知仁矣。

先生(孔子)が言った、人が過ちを犯す時には、それぞれその種類(段階)に応じて過ちを犯す。犯した過ちを見れば、その人の人間性(仁)が分かる。

今回の事件は渡邉氏の人間性(仁)が今どれほどのもの(程度)なのか、図らずも露呈してしまったような気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です