「家族の日本観 変えた先生」

今日(12/18)の朝、仕事の関係で朝日新聞の朝刊記事をざっとチェックしていたら国際面の中に、昨年まで私が務めていた中国の大学・嶺南(れいなん)師範学院の教え子の一人・張戈裕(ちょうかゆう)さん(21)の名前と顔写真が突然目に入ってきてびっくり。何で日本の全国紙の中に突然彼女が出てくるんだ?

記事を読むと、今年で第11回を迎えた「中国人の日本語作文コンクール」のテーマの一つが「私の先生はすごい」だったそうで、張戈裕さんはそのテーマで作文を書き1等賞を取ったそうだ。記事中の一部を引用すると以下のとおり。

「私の先生はすごい。彼一人の力で私の家の歴史を変えたのだ。日本を憎む歴史を」

広東省にある嶺南師範学院3年生の張戈裕さん(21)は、1等賞をとった作文でそう書いた。

受験で志望学部に受からず、仕方なく入った日本語学科。曽祖父を日中戦争で亡くした家庭では、「日本を好きだ」ということは、「道徳」や「家訓」に反することだったという。

その張さんが「戦争があったからすべての日本人が悪いという思考回路がおかしい」と思うようになったのは日本語教師の「矢野先生」と出会ってからだった。

「矢野先生」は日本批判を言われても何も言わず、黙々と日本について教えてくれる人だった。その熱心な指導について話を聞いた両親の態度も微妙に変わった。依然として日本をよく言うことはないが、周囲の人に「娘の専攻は英語」と偽っていた母親は「うちの娘は日本語を勉強しています」とはっきりと言うようになった。

張さんは今、「将来は日本語教師になりたい」と思っているという。

なんと!その作文で書かれていた先生が私のことだった!今年のコンクールでは過去最多の4749本の応募があったそうで、それで1等に入賞するとは全く「後生畏るべし」。

最優秀賞は張晨雨さん 中国人の日本語作文コンクール(朝日新聞デジタル)

「「家族の日本観 変えた先生」」への2件のフィードバック

  1. 昨日の新聞を夫に見せると「俺が今朝、読んで泣いてたのはこの記事だ、ほんとに偉い人がいる」と。
    私も矢野さんの仕事はこれだ!と思っていたので 素晴らしいと思いましたよ。一人ずつでも日本への気持ちが変わると平和に近付きますね。夫と同じ思いであることも嬉しかったわ。
    (夫の父は満蒙開拓団として中国に渡り、無事に戻り戻りましたが、その頃に肺を弱らせ、50代で肺癌で亡くなりました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です