蛭子能収『蛭子の論語―自由に生きるためのヒント』読了

蛭子能収(えびす よしかず)『蛭子の論語―自由に生きるためのヒント』(角川新書、2015年)を読み終えた。蛭子さんは1947年生まれで著名な漫画家・タレント。

蛭子さんは2014年に『ひとりぼっちを笑うな』(角川新書)という本を出してヒットさせているが、その後同書の編集者から「蛭子さんの考えは孔子さんの思想に通じるものがある」ということで「次は『論語』を読んでみませんか?」という連絡(依頼)があったそうだ。蛭子さんは最初「えっ? ロンゴ? 何ですかね、それ?」という感じで意味も分からなかったそうだが、最終的に依頼を断りきれず(しぶしぶ)本を出すことになったという(笑)。

蛭子さんは中国思想はもちろん全く門外漢なので、『蛭子の論語』には孔子の思想や『論語』の内容について立ち入った記述はほとんどない。本書は『論語』からのフレーズを借りて「蛭子さんの思想」が語られるといった構成になっている。ただし、蛭子さんが『論語』のフレーズに対して違和感を感じたところは、その持論がところどころ展開されていてなかなか面白い。

さて、蛭子さんにとって最も大切な人生の信条は「『自由』であること」(p154)だという。しかし、同時に「自由に過ごすためには、やっぱりお金がいる」(p166)ということも十分自覚しており、「僕は、とにもかくにもお金を信じる”現実主義者”」(p187)だと語る。蛭子さんは贅沢には全然興味が無いものの、70歳が見える年齢になった今も「お金からはなかなか自由になれない(老後の生活不安)」(p165)と感じて仕事がある限り働き続けようとしている。

『論語』にはこうした「お金」の問題を正面から論じた記述はほとんどないが、蛭子さんのような悩みを抱える人に対し、孔子なら今どうやって声をかけるだろうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です