江陰市介護サービス体系建設情況に関する調査報告(二)

江陰市人民代表大会常務委員会内務司法工作委員会
「わが市の介護サービス体系建設情況に関する調査報告(関于我市養老服務体系建設情況的調査報告)」 (2015年12月4日公開)の要約(二)

江阴市人大常委会内务司法工委「关于我市养老服务体系建设情况的调查报告」(信息时间:2015-12-04)http://rd.jiangyin.gov.cn/a/201512/1bdj2q2jhec80.shtml

二、直面する困難な問題

江陰市の介護サービス体系の建設は一定の成果を得ることができたが、全体的にはまだスタート段階にあり、日増しに深刻化する高齢化の情況及び多元的で社会化された介護サービスのニーズと比較すると、やはり問題がいくつか存在する。主要な問題は以下のとおりである。

1.介護サービスの保障システムが十分ではない。
介護サービスを提供するシステムや様々な介護サービス組織間の連携がまだ不十分である。介護サービスを監督・管理するシステムも未整備で、統一的な介護サービス評価制度が確立されていない。安心して資金投資ができるメカニズムがないため、個々の鎮(街道)では介護負担がかなり重くなっている。世論に対する宣伝も不十分で、「介護の社会化」といった考え方がまだ確立されておらず、高齢者を大切にする社会的雰囲気も足りない。

2.介護サービスの供給が需要に追いついていない。
介護サービスの供給は全体的に不足しており、介護の質も高めることが求められる。介護施設の発展がアンバランスで、いくつかの農村地区の介護施設は古くてリスクが多く、消防設備も検査に合格していない。都市の社区(コミュニティ)に設置されている在宅介護サービスステーションの建設基準も高くはない。医療介護融合型施設のベッドは供給が需要に追いつかない状態であるのに対し、一般的な介護施設のベッドは空きが多くなっている。社区における小規模のデイサービスや老人食堂等も不足している。土地・施設・人員・経費等の制約があるために介護サービスの内容が単一になっており、医療リハビリや精神面を充実させる専門的なサービスが展開できていない。また介護サービスの運営モデルが成熟していないため、情報化の水準が低く、介護施設・社区・在宅介護サービスステーションの連携が不十分となっている。

3.医療と介護資源の一体化が遅れている。
医療介護融合型の介護施設を設置する敷居は高い。医療保険の対象機構となるには一連の手続きがあるが、介護業では職業発展の空間が限られているため、介護施設が優秀な医療人材を引きつけることは容易ではない。介護施設と医療施設とで高齢者あるいは患者を紹介し合うようなサービスシステムもまだ整備されていない。また社区の衛生サービスセンターは在宅の高齢者にサービスを提供する能力に限界があり、それを補うシステムも欠いているため、介護施設や各家庭への医者の訪問サービスに対してあまり積極的ではない。

4.介護職員の専門性が低い。
介護職員及びそのサービスの質が需要を満足させられてはいない。介護職員は年齢がおしなべて高く、文化程度が低く、体系的で専門的な研修を受けていないため、介護のリハビリ訓練や心理カウンセリング等の専門的なサービスを提供できていない。介護産業における報酬と待遇は低いにもかかわらず労働強度が高く、人材の流失率が高いために介護職員の定着率は低い。専門的な介護人材の不足は介護サービス産業の発展を阻害する大きな問題になっている。

(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です