中国の「房を以て老を養う」保険とは?

以房养老险迎首批签约客户
中国の「房を以て老を養う」保険が最初の契約者を迎える

引用先:新浪新聞視頻
http://video.sina.com.cn/p/news/c/v/2015-04-14/065565040175.html?sudaref=www.baidu.com
(最終アクセス日:2017/07/15)

再来关注养老这个话题,将房子抵押给保险公司,就可以从保险公司领取养老金,这两天呢保险版“以房养老”的试点地区终于迎来了国内首批签约客户。
介護関連の話題に注目してみましょう。家を保険会社に抵当として入れれば、保険会社から年金を受け取ることができる。ここ2日、保険版「房を以て老を養う(家を使って老人を扶養する)」事業のテスト地区がついに国内初の契約者を迎えました。

这次签约的保险版“以房养老”产品是在2015年3月底获得中国保监会批复的。投入市场后半个月,在北京上海武汉迎来了首批三个客户。由于双方签约了保密协议,客户信息和具体签约内容没有对外公开。
今回の契約である保険版「房を以て老を養う」の商品は2015年3月末に中国保険監督管理委員会からの回答を得たものです。市場に出てから半月後、北京・上海・武漢で初めての契約者三名を迎えました。双方が秘密保持協定書にサインしているため、契約者の情報と具体的な契約内容は外部に公開されていません。

“主要我觉得还是观念上的问题,就是说有的是老年人不接受。有的是老年人接受,他的子女不接受,就觉得好像是不履行赡养义务一样,所以这两个观念在这儿,但是我觉(从)不了解,到最后接受总有一个过程。”
「大きいのはやはり観念上の問題だと思います。つまり受け入れない高齢者がいますし、高齢者が受け入れてもその子どもたちが受け入れない場合もあります。扶養義務を果たしていないと感じるからのようです。こうした二つの観念がありますが、私は最終的に受け入れられるまでには必ず一つのプロセスがあると思います。」

所谓保险版“以房养老”是将住房抵押,与终身养老年金保险相结合的创新型商业养老模式。即拥有房屋完全产权的老年人,将其房产抵押给保险公司,继续拥有房屋占有,使用收益和经抵押权人同意的处分权。并按照预定条件,领取养老保险金直至身故。
いわゆる保険版「房を以て老を養う」は住宅の抵当を終身養老年金保険と結合させたイノベーション型の商業養老モデルです。住宅の完全所有権を持つ高齢者はその不動産を保険会社に抵当として入れ、引き続き住宅占有権、使用収益権及び抵当権者の同意を経た処分権を持ちます。さらに、予め定められた条件に照らし、養老保険金を亡くなるまで受け取ります。

老年人身故后,保险公司获得抵押房产处分权,处分所得将优先用于偿付养老保险相关费用。
高齢者が亡くなった後、保険会社は不動産処分権を抵当として手に入れ、その処分所得は養老保険と関係する費用に優先的に支払われます。

“失独的 空巢的 残疾的以及孤寡老人解决他们这个养老问题,目前是填补制度上的空白。也是一个新尝试。对于完善我们现有的养老保险制度,应该是一个积极探索。”
「一人っ子の子どもを亡くした老人、子どもが離れて暮らしている老人、そして独り身の老人たちの養老問題の解決は、現在では制度上の空白を埋める行為になっていて、新しいチャレンジでもあります。既存の養老保険制度を整備していくことに対して積極的な模索になるはずです。」