なぜ中国の介護施設は「空床率が高い」のか?

养老机构的尴尬:“一床难求”和“空置率高”
「空きベッドが一床もない」と「空床率が高い」のはざまで困惑する中国の介護施設

出典:
愛奇芸視頻(http://www.iqiyi.com/w_19rss2ykjd.html
最終アクセス日(2017/07/16)

目前我国60岁以上的老人已超过了两亿人。人口老龄化日益加剧。同时也凸显出了不少的养老问题。这其中就一个非常尴尬的一个情景,就是一边是一床难求,另外一边是空置率高。那哪边儿是一床难求呢,就是医院。哪是空置率高呢,就是类似于养老院的养老机构。
現在中国の60歳以上の高齢者はすでに2億人を超え、人口の高齢化が日増しに深刻化しています。同時にたくさんの介護問題も目立ってきています。その中でも特にやっかいなのは、一方の施設では「空きベッドが一床もない」状況なのに、もう片方の施設では空床率が高くなっている状況です。では「空きベッドが一床もない」施設はどちらでしょうか、病院です。空床率が高くなっているのは、老人ホームに類似した介護施設です。

为什么会出现这种情况呢。就是因为虽然目前全国各类养老机构有四万多家,但真真正正地能具备医疗服务能力的只有20%多一点。而老年人怎么想呢,如果我身体还好的话,他又认为了,我这成天打牌、遛鸟、跳广场舞,我去养老院干嘛呢,我在家里这不是很舒服嘛。
なぜこうした状況になっているのでしょうか。それは現在全国には各種の介護施設が4万余りありますが、しっかりとした医療サービス能力を備えている施設は20%強にすぎません。高齢者ならどう考えるでしょうか。もし私が健康なら、「一日中トランプゲームで遊び、鳥かごを持って散歩し、広場でダンスを踊ればいい。老人ホームへ行く必要がなぜある。家で過ごせば十分じゃないか。」と考えるでしょう。

如果但凡身体不好的话,他就会认为了,我一天到晚又得吊水,又得吃药,医院住着多方便呢,我去养老院干嘛呢。
もし身体の調子がよくないならば、「朝から晩まで点滴を吊るし、薬を飲まなければならない。入院した方がずっと便利だ。老人ホームへ行く必要がなぜある。」と思うでしょう。

还有一个重要的原因是什么呢?养老机构中的医护服务、康复服务并没有纳入医保。所以说,报销不了。很多老人就会放弃了养老机构。
さらにもう一つの重要な原因は何でしょうか。介護施設の医療看護サービス・リハビリサービスは医療保険が適用されないことです。そのため、精算ができないのです。多くの高齢者たちがそこで介護施設をあきらめています。

这次新华网上一篇评论怎么写,来看一下。社区养老,医养融合是关键。文中说到了,关键是如何通过医养融合模式在全社会构建一套完善的老年康护体系。全方位保障老年人的健康生活,如何将医养融合落实到社区养老、机构养老模式当中,这将是未来能否提升中国人养老生活方式和生命质量的关键问题。
今回「新華網」(ニュースサイト)の評論ではどう書かれているでしょうか。見てみましょう。「社区(コミュニティ)の介護」「医療と介護の融合」がキーポイントです。記事ではこう述べています。キーポイントはいかにして医療と介護の融合モデルを通じて社会全体に整備された高齢者リハビリ・介護システムを構築するのか。あらゆる方面で高齢者の健康生活を保障し、「社区の介護」と「施設介護」のモデルの中で医療と介護の融合をどう実現させていくか、これが未来において中国人の高齢者の生活と生命の質を向上させられるか否かのポイントになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です