南京市で新しい「ミニ老人ホーム」が開設!

南京探路“家门口”养老模式
南京市がコミュニティで「ミニ老人ホーム」を設置

出典:愛奇芸視頻
http://www.iqiyi.com/v_19rrolgtyg.html
最終アクセス日:2017/07/17

离家不离亲,能家门口养老是许多老人的心愿。南京市创新家门口养老模式已在玄武鼓楼等地区得到推广,一经推出便受到老人和子女的欢迎。
家から離れて親族とは離れない。社区(コミュニティ)の中で介護を受けられることは多くの高齢者の望みとなっています。南京市では革新的な「社区介護モデル」が玄武・鼓楼といった地区で既に広がりを見せており、実施されるやたちまち高齢者とその家族からの歓迎を受けています。

在南京玄武区台城社区邻里中心藏着一家mini养老院。说它mini,是因为这里只有5个房间,10张养老床位。然而“麻雀虽小,五脏俱全”,每个房间都配有卫生间、热水器、电视、空调。不大的休闲空间里,运动理疗设备也都一应俱全。养老院为老人提供饮食、起居、卫生、料理等基本生活照料。像这样的养老院,吃住护理全包,平均每人每月的费用在2400元左右。
南京市玄武区に位置する台城社区の近隣センターには「ミニ老人ホーム」が隠れています。「ミニ」と言われるのは、ここには部屋が5つと介護ベッドが10床分しかないからです。しかし「雀の体は小さいけれど、五臓六腑は皆備わっている(規模は小さくても機能はしっかり備わっている)」というように、どの部屋にもトイレ、温水ボイラー、テレビ、エアコンが備えられています。小さなレジャー空間には運動と理学療法の設備も全てそろっています。老人ホームは高齢者のために食事、日常の動作、衛生、料理などの基本的な生活の介護を提供します。このような老人ホームでは、食事・住居・介護が全て保障されており、平均的な毎月の費用は一人2400元(約4万円)程度です。

家家乐养老服务中心的负责人何春霞介绍,知道社区里有了这家mini养老院,来打听的人络绎不绝,目前还有20多位老人再排队等待入住。
家家楽介護サービスセンターの責任者・何春霞(ホー・チュンシア)さんによると、社区にこのようなミニ老人ホームが出来たのを知って尋ねに来る人が絶えず、現在さらに20名余りの高齢者が入居待ちだそうです。

“方便,假如我要想回家了,我又能回去看一看,他们也经常来,子女也经常来。”
「便利ですよ。もし家に帰りたくなったら、帰ってみることもできます。子どもたちもよくやって来ます。」

“我们跟社区是共建的,所以社区的设备场地都可以资源共享。像我们的图书馆啊,什么心理活动室啊,健身的地方啊都可以社区共享。所以我们的老人活动也方便。”
「私たちのミニ老人ホームは社区と一緒に建てたので、社区の設備と場所もリソース共有できます。私たちの図書館、心理活動室、ジムなどのような場所は全部社区と共有しています。そのため私たちの高齢者の活動も便利になっています。」

为了让老人离家不离亲成为可能,南京降低新办养老院的门槛,将床位数从30张降为10张,再对新增和符合条件的养老机构给予一次性补贴的基础上,从今年起,对六城区入住率达到70%以上的民营养老机构,给予每年每张床位500元的维护房租补贴。目前南京已有台州花园,闫工庙等社区开办了这样的微型养老院。
高齢者たちが「家から離れて親族とは離れない」ことを可能にするため、南京市は新設の老人ホームの敷居を低くし、ベッド数を30床から10床に下げ、新たに追加されるか条件を満たす介護施設に対し、一括の補助金を供与しました。その上で、今年から六城区で入居率が70%以上の民営介護施設に対し、ベッド一つにつき毎年500元(約8千円)の維持と家賃の補助金を支出しています。現在、南京市では台州花園、閻工廟等の社区でこのようなミニ老人ホームが開設されています。

不过与大型养老院相比,微型养老院受场地和资金限制,很难做到单独设置医疗室和康复室和活动室。短时间内也很难做到服务完全专业化。运营面临不小的压力。
しかし、大型の老人ホームと比べると、ミニ老人ホームは場所と資金での制約を受けており、単独で医療室・リハビリ室・活動室を設置するのは容易ではありません。短期間ではサービスの充実・専門化も難しく、運営面で少なくない困難に直面しています。

“我觉得政府通过政策激励,比如说如何提供减免税制度。比如说街道、社区通过提供相对于市场的房价更加相对比较廉价的租金的,这样一些房子来降低这些养老的机构的成本。激发更广泛的社会成员能够参与到我们养老事业里面。”
「私は政府が政策によって支援するとよいと思います。例えば、どのように税の減免制度を提供するか、街道や社区が市場の住宅価格と比較してより安い賃貸料を提供するのか。こうした住宅政策で介護施設のコストを下げるのです。そしてより広範な人々が私たちの介護事業に参入できるようにしていくのです。」

根据规划,未来5年南京养老机构数量将达到645家。每千名老人可拥有50张床位,并尽量设置在城区。5年后每个社区都要设居家养老服务中心。
計画によると、今後5年で南京市の介護施設の数は645施設に達し、高齢者千人あたりのベッド数は50床です。同時にできるだけ市街地区に施設を設置するようにし、5年後には社区全てに在宅・訪問介護サービスセンターを設置するとしています。