どうなる?中国の医療・介護連携

老龄化加剧 养老就医问题凸显
どうなる?中国の医療・介護連携

出典:
酷6網
http://v.ku6.com/show/bj6maGzTsiYTOie-lBxXEA…html
最終アクセス日2017/07/22

国务院办公厅今日印发《关于推进医疗卫生与养老服务相结合的指导意见》,部署进一步推进医疗卫生与养老服务相结合,统计显示,截至2014年年末,我国60周岁及以上人口超过2.12亿,占总人口比重达到15.5%。正在各地试点的医养结合模式将缓解老人“看病难”。
国務院弁公庁は今日、「医療衛生と介護サービスの連携促進に関する指導意見」を発表し、より一層医療衛生と介護サービスの連携が進むように手配しました。統計によると、2014年末までに中国の60歳以上の高齢人口は2億1200万人を超え、総人口の15.5%を占めています。現在、各地のテスト地点の医療介護連携モデルが高齢者の「病気を診てもらうのが難しい」という問題を解消しようとしています。

在河北省广平县南阳堡村爱心敬老院,来自邯郸市中心医院的专家正在为老人看病。南阳堡村爱心敬老院由村医刘桂芳兴办,住着80多位老人。
河北省の広平県南陽堡村にある愛心老人ホームでは、邯鄲市中心病院から来た専門家が高齢者のために診察を行っています。南陽堡村の愛心老人ホームは村の医師であった劉桂芳(リウ・グイファン)さんによって創設され、80名余りの高齢者が暮らしています。

今年这家敬老院加入邯郸市中心医院医疗联合体,中心医院将为老年人提供治疗康复以及临终关怀一体化服务。调查显示,60%以上的老年人患有各种慢性疾病,其中有4000万老人重病缠身,失去自理能力,需要接受专业的医疗护理。但由于医疗和养老体系长期割裂,导致养老的不治病,治病的不养老。
今年になって、この老人ホームは邯鄲市中心病院医療連合に加入し、中心病院は高齢者のために治療・リハビリとターミナルケアを一体化させたサービスを提供しています。調査によると、60%以上の高齢者が何らかの慢性疾患をかかえており、中でも4000万人の高齢者たちは重い病気に悩まされ、自立能力を失っているため、専門的な医療介護を受ける必要があります。しかし、医療と介護のシステムは長期に渡って分断されており、介護を受ける人は病気を治せず、病気を治す人は介護を受けられないという事態を招いています。

国务院办公厅《关于推进医疗卫生于养老服务相结合指导意见》指出,鼓励医疗卫生机构与养老服务融合发展,建立健全医疗卫生机构与养老机构合作机制。按计划,到2017年80%以上的医疗机构开设为老年人提供挂号就医等便利服务的绿色通道,50%的养老机构能够提供医疗卫生服务。
国務院弁公庁の「医療衛生と介護サービスの連携促進に関する指導意見」では、医療衛生機構と介護サービスを融合発展させ、健全な医療衛生と介護サービスの連携したシステムを確立するように激励しています。計画によると、2017年までに80%以上の医療機構が高齢者のために専門の窓口を設置する等の優先ルートを用意し、50%の介護施設が医療衛生サービスを提供できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です