中身の白いドラゴンフルーツVS中身の赤いドラゴンフルーツ…中国人はなぜ「赤い」方を選ぶのか?

2017年12月13日、中華養生網がドラゴンフルーツについて、中身の赤いものと白いもののうち、中国人は前者を選んで購入しやすいと論じ、その妥当性を分析する記事を掲載した。

●中身が「赤」と「白」という違いはあるが、栄養価に違いはない

近年中身の赤いドラゴンフルーツは「アントシアニン(植物の花・果実等に含まれる色素群)を豊富に含んでいる」「血液中の赤血球を増加できる」等の宣伝句により、中身の白いものより栄養価が高いとされ、「果物の上流社会」にまで登りつめている。

しかし、これは全部売り手の「ワナ」にすぎない。赤か白かにかかわらず、どちらにもビタミン、食物繊維等の栄養物質が含まれており、大差はない。赤いほうが栄養価が高いというのはただのセールス上の宣伝手段にしかすぎない。

●中身の赤いものと白いものの違いは「糖度」と「産地」にある

強いて違いを挙げるなら、両者には糖度と産地の上では確かに区別がある。中身の赤いドラゴンフルーツは糖度が比較的高く、甘みも強い。白いものは甘みが比較的弱く、味がやや薄い。

中身の白いドラゴンフルーツは中国南部で多く栽培されており、国産だ。中身の赤いものは中国で人気が出始めたとき、多くはベトナム等の東南アジアから輸入しており(外国産)、価格が比較的高い。しかし、最近では中身の赤いものも中国国内で多く栽培されるようになっており、両者に違いは少なくなっている。

●中身の赤いドラゴンフルーツは「アントシアニンが豊富」という誤解

インターネット上には「中身の赤いドラゴンフルーツ」に関する以下のような驚き(いぶかり)の声が溢れている。

「朝に中身の赤いドラゴンフルーツを食べたら晩に赤い便が出た!」
「中身の赤いドラゴンフルーツを食べたらおしっこが赤くなった!」
「妊婦が中身の赤いドラゴンフルーツを食べたら便器まるまるの血便が出てきた」

こうした声について、ある人は中身の赤いドラゴンフルーツには老化を防止できる色素「アントシアン」が豊富に含まれているからだと説明する。しかし実際にはアントシアンは中身の赤いドラゴンフルーツの「皮」の部分にしか含まれておらず、果肉が赤いのは「ベータシアニン」という色素が多いからだ。

ベータシアニンは植物色素の一つで、抗酸化・抗炎症作用があるが、人体には分解して代謝されにくい。摂取された後は多くが大便・小便、さらには汗として体外に排出されてしまう。われわれの便が赤くなってしまうのはこうしたわけだ。また果肉が赤いから「血液中の 赤血球を増加できる」というのは全くのでたらめにすぎない。

●中身の白いドラゴンフルーツは便秘に有効

「ベータシアニン」を補充したければ、中身の赤いドラゴンフルーツを食べたほうがよい。しかし、これは中身の白いドラゴンフルーツが「負けた」ことを意味しない。

食物繊維の含有量の上では中身の白いもののほうが多い。100グラムあたりの中身の白いドラゴンフルーツには約2グラムの食物繊維が含まれており、中身の赤いものの1.3グラムより多く、りんごの1.6グラムよりも多い。食物繊維は胃の蠕動(ぜんどう)運動を助け、排便を促進できる。そのため便秘がちな人は中身の白いドラゴンフルーツをたくさん食べたほうがよい。

このほか、中身の赤いドラゴンフルーツは糖度が比較的高いため、糖尿病患者が食べるのはよくない。どうしても食べたいときには中身の白いドラゴンフルーツを少し食べたほうがいいだろう。

中華養生網「白心火龙果VS红心火龙果 拉出的便便都是红的?」(2017-12-13)

干し貝柱と赤身肉のお粥

「中華養生網」(http://www.cnys.com/)より中華養生メニュー干し貝柱と赤身肉のお粥の作り方を紹介します。

●干し貝柱と赤身肉のお粥

(写真は http://www.cnys.com/caipu/zhou/83540.html より引用)
●材料
干し貝柱        20個
赤身肉       60グラム
チンゲンサイ    少々
タイ香り米     ふた握り
生姜(みじん切り) 少々
ネギ(みじん切り) 適量
食用油       適量
塩          少々
オイスターソース 少々
●作り方
(1)
材料準備:1時間前に干し貝柱とタイ香り米を水につけてもどし、具のネギ・生姜・チンゲンサイを切って用意しておく。
(2)
赤身肉を細切りにしてお碗の中に入れておく。
(3)
水につけてもどした香り米・干し貝柱とみじん切りにした生姜を土鍋に入れ、それから適量の水を入れて煮込む(適当に水を加えても良い。お粥は長く煮たほうがおいしくなる)。
(4)
強火にし、米が煮立ってから弱火にして煮込む。米が煮上がりそうなタイミングになったら赤身肉を入れる。
(5)
とろ火にして煮込み、大体1時間半ほどでお粥が完全にトロトロになる。この時にチンゲンサイを加えてしばらく煮る。
(6)
チンゲンサイとお粥が混ざってからオイスターソースと塩を少々加えて火を消す。

認知症をどう防ぐ?中国でおなじみの6つの大脳トレーニング法

2017年12月5日、中国の養生情報紹介サイト「中華養生網」に、認知症予防のための6つの大脳トレーニング方法を紹介する記事が掲載された。

1.舌を伸ばす

調査によると、老化現象の最大の原因は脳が萎縮してしまうところにある。最も顕著な症状は舌が硬直し、表情がなくなってしまうことだ。できるだけ何もないときでも舌を伸ばしたほうがよい。こうすれば、脳と顔の神経を間接的に刺激することになり、大脳の萎縮を緩和し、顔の神経と筋肉の老化を防止できる。

2.思う存分に遊ぶ

時間を見つけて遊んだほうがよい。旅行をし、映画を見て、街を歩いたりする……働くときは努力し、遊ぶときは心ゆくまで楽しむことを心がける。そうすれば、学習と仕事の効率も少ない労力で大きく高められるだろう。

3.枕元に紙とペンを置く

十分な睡眠時間を確保することは、大脳にとって非常に重要である。あなたがもし寝る前にいろいろな考えに囚われて寝付くことができないなら、枕元にペンと紙を置いておくのがいい。気になっていることを書き出せば、脳をリラックスさせるのに役に立つ。

4.リスト化を行う

毎朝起床する時には、我々の大脳の中にはこれから実行しなければならない様々な事柄が駆け巡っている。これらは大脳の情報処理に影響を与えやすく、仕事の能率の低下をもたらす。

ではどうすれば、大脳に溜まった様々な事柄をうまく処理できるのか。最も簡単な方法は、「これから実行しなければならない事柄を大脳から追い出すこと」、つまり「リスト化」を行うことだ。全てをリストにして書き出してしまう。大脳の外部にリストを作ることで初めて、大脳を徹底的に解放することができる。

5.臀部を叩く

人体には2つの重要な経絡(東洋医学で、つぼ(経穴)とつぼを連結する気・血の循環・反応系統)が臀部と大脳につながっている。それは膀胱経と督脈だ。

その中で、人体の臀部の中間に位置する尾骨の近くには「長強穴」というつぼがあり、督脈の出発点となっている。気・血はここから頭部に送られていく。

このほか、尾骨と臀部にある「承扶穴」をよく叩くことで膀胱経と督脈の気・血の循環を刺激し、脳への血液供給を改善することができる。

6.全身を揺り動かす

長く机に向かっている人の気・血の循環は鈍くなり、大脳への血液供給も不足するようになる。全身を揺り動かすことで経絡を刺激し、大脳の気・血を充足させることができる。

中華養生網「如何预防老年痴呆 推荐六项常规大脑锻炼法」(http://www.cnys.com/zln/75633.html