yanoken のすべての投稿

諱疾忌医(きしつきい)ー中国の故事成語

諱疾忌医(きしつきい)

「諱(き)」と「忌(き)」は両方とも「かばいかくす」「はばかり避ける」という意味。「疾」は病気、「医」は医者を表す。直訳すると「病気をかばいかくし、医者を遠ざける」という意味になるが、自分の過ちをおおいかくし、他人からの忠告に耳をかさない、という文脈で使用されることが多い。

「諱疾忌医」という成語の出典は中国北宋時代の儒学者・周敦頤(しゅうとんい)の著書『周書』(『周子通書』)。周敦頤は紀元十一世紀頃の人で儒学史においては重要な人物。

また中国古典『韓非子』には「諱疾忌医」に関連した次のような名医と国王とのエピソードが語られている。

戦国時代に扁鵲(へんじゃく)という名医がいた。ある時扁鵲は蔡の国の国王・桓公(かんこう)に謁見した。扁鵲は桓公の前で国王の皮膚に病気があると語り、早期に治療をするように勧めたが桓公は喜ばず、聞き入れなかった。

十日後、扁鵲はまた桓公に会い、皮膚と筋肉の間にまで病気が進行していると忠告したが、桓公はやはり取り合わなかった。さらに十日後扁鵲は桓公に胃や腸にまで病気が進んでいる、と説いたが、国王の態度は変わらなかった。

扁鵲が桓公に四度目の謁見をした時には、扁鵲は国王の姿を見ただけで何も言わずその場を立ち去った。桓公が不思議に思って使いの者を派遣し、理由を尋ねてみると、扁鵲は「国王の病気はどんな治療をしてももはや手遅れの状態になってしまった」と語った。

果たして数日後に桓公の体が痛み始め、国王は扁鵲を探させたが、扁鵲はもはや秦の国へ逃がれた後だった。桓公はそのまま亡くなった。

『韓非子』ではこの故事を利用して、大きな災(わざわ)いには必ず小さな兆しがあるので、為政者はその微かな兆しを見失わず、早めの処置を取ることが肝心だと説いている。

(https://www.youtube.com/watch?v=FQA9e-y3mNI)

介護技能実習生の面接のため煙台市(山東省)へ

1月23日から24日かけて昨年から解禁された介護分野での技能実習生候補の面接のため、大連市(遼寧省)から煙台市(山東省)まで出張に行ってきた。

大連市から煙台市までは飛行機に乗り40分くらいかかる。大連市も寒かったが、煙台市も当日は雪が降っており、空港も市内も一面銀世界だった。

23日は技能実習生の送り出し機関の方と夕食をとりながら技能実習生の現在の状況についてうかがい、翌日の面接についても簡単に打ち合わせをした。送り出し機関は毎年中国から2000名の技能実習生を日本に派遣している巨大な国際人材派遣会社。会社には技能実習生の日本語をゼロの段階から、3~4カ月の期間で日本で働ける初級レベルにまで到達させるための語学学校も併設されている。

24日は午前10時すぎから6名の実習生面接を行った。中国の短期大学で日本語を専攻した実習生もいたが、ほとんどはまだ3カ月強日本語を勉強したくらいのレベル。そのため日本語でのコミュニケーションはまだけっこう難しい。実習生はみながちがちに緊張していてこちらが申し訳なく感じるくらい。面接官として立場が逆なら無理もない、と思った。

実習生の過去の経歴を見ると、介護の世界とほとんど関連のない分野の勉強や仕事をしている方が多く、こうした方が日本まで来てどれだけ介護施設に貢献してくれるのかは未知数だし、1回の面接でそれを判断するのもまた難しい……しかし実習生は出国して働くというある意味では大冒険をすることになるため、こちらの人材選びは慎重にしなければならない。

午前で面接を一通り終えて、午後には煙台の人材派遣会社の運営する語学学校を見学させていただいた。教室では実習生たちが『みんなの日本語』(日本語学習教材)を使いながら元気に日本語を勉強していた。ひさしぶりに日本語教師に戻った気持ちになってしばらく実習生たちと交流した。さて、若い実習生たちはこれから日本でどんな体験をしてどんな人材になって帰国するのだろう……

中身の白いドラゴンフルーツVS中身の赤いドラゴンフルーツ…中国人はなぜ「赤い」方を選ぶのか?

2017年12月13日、中華養生網がドラゴンフルーツについて、中身の赤いものと白いもののうち、中国人は前者を選んで購入しやすいと論じ、その妥当性を分析する記事を掲載した。

●中身が「赤」と「白」という違いはあるが、栄養価に違いはない

近年中身の赤いドラゴンフルーツは「アントシアニン(植物の花・果実等に含まれる色素群)を豊富に含んでいる」「血液中の赤血球を増加できる」等の宣伝句により、中身の白いものより栄養価が高いとされ、「果物の上流社会」にまで登りつめている。

しかし、これは全部売り手の「ワナ」にすぎない。赤か白かにかかわらず、どちらにもビタミン、食物繊維等の栄養物質が含まれており、大差はない。赤いほうが栄養価が高いというのはただのセールス上の宣伝手段にしかすぎない。

●中身の赤いものと白いものの違いは「糖度」と「産地」にある

強いて違いを挙げるなら、両者には糖度と産地の上では確かに区別がある。中身の赤いドラゴンフルーツは糖度が比較的高く、甘みも強い。白いものは甘みが比較的弱く、味がやや薄い。

中身の白いドラゴンフルーツは中国南部で多く栽培されており、国産だ。中身の赤いものは中国で人気が出始めたとき、多くはベトナム等の東南アジアから輸入しており(外国産)、価格が比較的高い。しかし、最近では中身の赤いものも中国国内で多く栽培されるようになっており、両者に違いは少なくなっている。

●中身の赤いドラゴンフルーツは「アントシアニンが豊富」という誤解

インターネット上には「中身の赤いドラゴンフルーツ」に関する以下のような驚き(いぶかり)の声が溢れている。

「朝に中身の赤いドラゴンフルーツを食べたら晩に赤い便が出た!」
「中身の赤いドラゴンフルーツを食べたらおしっこが赤くなった!」
「妊婦が中身の赤いドラゴンフルーツを食べたら便器まるまるの血便が出てきた」

こうした声について、ある人は中身の赤いドラゴンフルーツには老化を防止できる色素「アントシアン」が豊富に含まれているからだと説明する。しかし実際にはアントシアンは中身の赤いドラゴンフルーツの「皮」の部分にしか含まれておらず、果肉が赤いのは「ベータシアニン」という色素が多いからだ。

ベータシアニンは植物色素の一つで、抗酸化・抗炎症作用があるが、人体には分解して代謝されにくい。摂取された後は多くが大便・小便、さらには汗として体外に排出されてしまう。われわれの便が赤くなってしまうのはこうしたわけだ。また果肉が赤いから「血液中の 赤血球を増加できる」というのは全くのでたらめにすぎない。

●中身の白いドラゴンフルーツは便秘に有効

「ベータシアニン」を補充したければ、中身の赤いドラゴンフルーツを食べたほうがよい。しかし、これは中身の白いドラゴンフルーツが「負けた」ことを意味しない。

食物繊維の含有量の上では中身の白いもののほうが多い。100グラムあたりの中身の白いドラゴンフルーツには約2グラムの食物繊維が含まれており、中身の赤いものの1.3グラムより多く、りんごの1.6グラムよりも多い。食物繊維は胃の蠕動(ぜんどう)運動を助け、排便を促進できる。そのため便秘がちな人は中身の白いドラゴンフルーツをたくさん食べたほうがよい。

このほか、中身の赤いドラゴンフルーツは糖度が比較的高いため、糖尿病患者が食べるのはよくない。どうしても食べたいときには中身の白いドラゴンフルーツを少し食べたほうがいいだろう。

中華養生網「白心火龙果VS红心火龙果 拉出的便便都是红的?」(2017-12-13)