タグ別アーカイブ: テレビドラマ

陶弘景の平常心を保て!成功はそれからだ…

現在、帰国して中国就労ビザの取得手続き中だ。少々専門的な話になるが、中国就労ビザを取得する前段階作業として、『外国人来華工作許可証というものを発行しなければならず、そのためには私の場合は、警視庁でまず犯罪経歴証明(渡航証明)』を発行してもらい、それをさらに外務省まで持って行って「認証」してもらわなければならない。

しかし、前回の手続きの際は、「外務省での認証手続き」を知らず、外務省に行く前に警視庁が出した犯罪経歴証明の封筒を開封してしまったので、認証手続きができなくなってしまった……現在は再度警視庁で犯罪記録証明の発行手続きを行っている。

さて、最近『獵場(狩場)』という中国のテレビドラマを見ている。同作品は、上海出身の人気俳優・胡歌(フー・ゴー)が主演を務める。彼が演じる「鄭秋冬」はねずみ講の犯罪に加担して投獄され、出獄後にまた身分偽造の罪で懲戒解雇されるという(究極の?)挫折を味わうが、それでもめげずにヘッドハンティング(人材派遣)会社を立ち上げて徐々にのし上がっていく。

(出典:https://baike.baidu.com/pic/%E7%8C%8E%E5%9C%BA/15388743)

その第8話でこんなシーンがある。鄭秋冬は出獄後、「生まれ変わった人生」を歩むために他人の身分証を使って別人の「覃飛(チンフェイ)」という人物になりすまし、山谷グループという大企業へ再就職を果たす。しかし、この身分偽造はあえなくばれ、鄭秋冬は懲戒解雇され、会社のブラックリストにもその名前が登録されてしまう。

鄭秋冬は失意の中、かつて獄中でお世話になった恩師で、現在も服役中の元ヘッドハンター・劉量体(孫紅雷(スン・ホンレイ)が演じる)に面会に行く。そこで恩師・劉量体は誤った手段で成功を急ぐ鄭秋冬をたしなめながら、中国南北朝時代の道士・陶弘景(とう こうけい。5~6世紀)のエピソードを紹介する。

陶弘景という人物は20歳の頃、南斉の高帝に招聘されて仕官したが、36歳のときに職を辞し、以後は山の中で多様な研究活動や弟子の指導を行った。梁の武帝は陶弘景の才能を愛し、たびたび彼と書簡を交わしたので、後に陶弘景は「山中宰相」とも呼ばれるようになった。


(出典:https://baike.baidu.com/pic/%E9%99%B6%E5%BC%98%E6%99%AF/819982)

陶 弘景の隠遁後、当時の皇帝は彼の才を惜しみ、たびたび近況を聞き、再仕官を促すようなこともあった。それに対して陶弘景は次のような詩で答えている。

山中何所有 嶺上多白雲

只可自怡悅 不堪持贈君

「山中に何があるのか」とお尋ねになりますが、峰からはたくさんの白い雲が見渡せ、すばらしい風景を味わうことができます。

ただこの風景はここ山の中で自分でしか味わえないもので、陛下のところまでお届けすることはできません…

この詩は陶弘景が暗に再仕官の勧めを断る内容のものになっている。劉量体はこの陶弘景のエピソードをもちだし、鄭秋冬に「能力が高いことは成功にとって重要だが、しかしもっと大切なのは陶弘景のような『平常心』を保つことだ」と説く。もし陶弘景のような「平常心」を常時保てるようになれば、出世するかしないか、成功するかしないかで心を過度に乱し、一喜一憂することもなくなる。

『獵場』では鄭秋冬はこの後、元の自分の身分「鄭秋冬」を回復し、首都・北京を離れて南の新天地・杭州に向かい、現地で小さな人材派遣会社をオープンさせ再起を目指していくことなる…

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=6ndP6EFY6Do)

孔子の友人

中国のテレビドラマ『手机(携帯電話)』第25話の中に、『論語』の一句を解釈した面白い説が出てくる(6分過ぎあたりから)。その説はテレビ番組の司会者・厳守一がゲストの作家・劉震雲に『論語』学而篇の冒頭の非常に有名な一句

有朋自遠方来、不亦楽乎。

をどう解釈するのかを尋ねるシーンに登場する。この一句は通説では、

だれか友だちが遠いところからたずねて来る、いかにも楽しいことだね。 金谷治『論語』、岩波文庫より〕

と解釈されている。つまり、普段なかなか会えない友人と再会し語り合えたときの喜びを表した句と解釈されている。ところが劉震雲はこの一句を

(周りに信頼できる真の友だちがいないので)信頼できる真の友だちがどこか遠いところからやって来る、そうなれば楽しいじゃないか…

というふうに解釈するのだ。つまり周りに信頼できる友人がいないことを孔子が嘆いた句と解釈するわけだ。

この解釈方法はある意味現代的だ。というのも通説の解釈の仕方はもうあまり現代人の心に響きにくくなっているからだ。今はすでに世界中どこでもネットに接続し、どんなに遠方の友人とでも気軽に対面し会話できる時代だ。こうなると友人と久しぶりに直接会った時の感激は我々にとって極めて薄くなってくるのは当然だ。

その反面、劉震雲の解釈だとネットフレンドのような「友人」はそれこそたくさんいるけれど、いざというときに本当に当てにできる友人は自分にどれだけいるんだろうかといような現代人が抱えるある種の不安感・孤独感を代弁したような句になる。

こうした創造的な解釈ができるのが『論語』の面白さでもある。

酒肉之交(酒肉朋友)ー中国の成語10

酒肉之交(酒肉朋友)

飲み食いだけの付き合い(友人).遊び仲間(参照:北辞郎「酒肉朋友」)


用例:『匆匆那年』第10話

友人・蘇凱(そがい)とそのガールフレンドをならず者から守るため、暴力を振るって逮捕された趙燁(ちょうよう)を蘇凱が父親に頼んで救ってもらおうとするシーン。28:33あたりから。

苏凯「他是我特别特别好的朋友!」

苏凯父「朋友?好啊,你给我说说,什么是朋友?」

苏凯「朋友…朋友就是关系特别好的哥们。」

苏凯父「屁话,朋友是饭碗,是前程,是扶你往上爬的梯子。有用的那才是朋友,没用的都是酒肉之交。你管他干嘛。」


蘇凱「彼(趙燁)は俺のすごく仲がいい友だちなんだよ!」

蘇凱の父「友達? よし、なら言ってみろ、友達とは何だ?」

蘇凱「友達…友達はすごく仲がいいやつらのことだよ。」

蘇凱の父「バカ言え、友達というのは飯の種のことを言うんだ。前途のことだよ。お前を助け上げてくれるはしごだよ。役に立つやつこそが友達なんだ。役に立たないやつはみんな単なる遊び仲間だ。お前がそんなやつに関わってどうする?」

「友達」というのは自分にとって明白な存在のようだけど、なんだろうと深く考えると実は結構難しくて微妙な存在であったりする。ただ自分が困ったときにどういう行動を取る人なのかが真の友達か否かの判断のポイントになることは確かだと思う。私とあなたとは……