タグ別アーカイブ: 映画

足るを知る者は富む―老子

2015年の中国映画『我是路人甲(I Am Somebody)』を鑑賞した。この映画は映画スターになることを夢見て「横店」という町へやってきた若者たちが撮影現場での厳しい現実に直面しながらも奮闘する姿を描いている。

映画を見ている最中、中国の地方からやってきた若者たちの生活ぶり=貧しさにはわれわれ日本人は耐えられないだろうなあとつくづく感じた。彼らの住むアパートにはトイレや浴室が備わっていない部屋もあり、またたとえ浴室があっても湯沸器からは(お金が払えないので)水しか出ないような状況だ。

わが東大和市では洗濯機が部屋の外に置いてあるアパートは私も見かけたことがあるが、中国の(格安)アパートとはさすがにレベルが違う。私の住んでいるアパートも家賃は相当に安いけれど、トイレ、浴室、洗濯機(自分で購入)ははもちろん、エアコンまで付いている(今では当たり前か?)ので彼らからするとホテルに住んでいるように見えるかもしれない。

さて、横店にやってきた若者たちの多くは理想と現実とのギャップで絶望感を味わうことになるのだけれども、その中で覃培軍(タン・ペイジュン)という若者がいい味を出している。彼は友人から「毎日エキストラの仕事ばかりやってて疲れないか」と尋ねられたとき、「以前の炭坑現場の仕事より疲れない。将来子どもにエキストラでもスクリーンに出ているところを見せられればいい」と明るく答える。さらに「自分が成功できると思うか」と問われたときには「もう成功している。炭坑現場では崩落事故にあった。太陽の下で働けるだけで幸せ」と返答する。

培軍青年は人一倍努力しているのだけれども見た目があまりかっこよくないこともあり、今まで芽がでていない。ただし、彼はそれでも好きなことをやり、目標をもって努力しているその過程を楽しむ「賢さ」をもっているのだ。そのため、表情にはいつも余裕があり辛そうには見えない。『老子』第33章にはこのような言葉がある。

満足することを知るのが、ほんとうの豊かさである。努力をして行いつづけるのが、目的を果たしていることである。

足るを知る者は富む。強(つと)めて行う者は志(こころざし)有り。
(金谷治『老子』講談社学術文庫より)

培軍は『老子』の言う「足を知る」つまり「満足することを知る」青年なのだ。そして「努力をして行いつづける」過程においてすでに「目的を果たしていること」も理解している。成功するという「結果が全て」ではないことを知る培軍はなかなかすごい人物ではないだろうか。

他方、劇中では成功(結果)を一途に追い求め過ぎたあまりに最後はパートナーとも分かれ、撮影中に精神崩壊してしまう悲劇の男性も描かれている。彼は最終的に精神障害者になってしまうという少々驚きの展開だ。成功(夢)を徹底的に追い求めるという彼の姿勢には共感できるところもあるのだけれども、やはり「足るを知る」ことを知らないと往々にして悲劇的な結末を迎えることが多いのかもしれない。

(https://www.youtube.com/watch?v=LGohJjhkLyc)

HSKの試験監督官に初参加予定

6月12日(日)にHSK(中国政府認定の中国語資格試験)があり、今回私は受験生としてではなく、「試験監督官」として初参加する予定になっている。自分のブログ内を検索すると今年3月に受けたHSKの試験監督官研修についてやはり記事を書いていた。この研修を受けてから3カ月ほどブランクができてしまったので多少の不安がある。しかし、受験生たちにはそれが伝わらないようにしないと…

さて話は変わるが、先日2015年の中国映画「心迷宮」を鑑賞した。中国の農村で起こった(故意ではない)殺人事件をテーマにした映画なのだが、この事件に関わった人物がそれぞれ皆心の中に公にはできない「秘密」を抱えており、そのせいで事態が思わぬ方向に発展、真相も闇の中へ?というようなストーリーが展開されていく。

この作品で事件当事者の青年の母親が言う台詞の中に、

等一会儿我们去吃流水席,你去不去?
(後でわたしたちは流水席行くけど、あなたも行く?)

というのがあった。「流水席」という単語の意味がよく分からなかったので調べてみると「客が随時に現われ食べ終わると随時に立ち去る形式のパーティー」(白水社 中国語辞典)ということだった。どうやら中国の農村では結婚式や葬式があるときなどにこうした形式のパーティー(宴会)を開くようだ。興味のある方は下のシーンをどうぞ。

「心迷宮」(2015年)。「流水席」のシーンは8:40あたりから。

釜底抽薪ー中国の成語7

釜底抽薪(ふていちゅうしん)

(鍋の下の薪を取り除く>)断固とした措置をとる,抜本的な解決を図る.参照:goo辞書「釜底抽薪」より)

用例:『中国合伙人(American dreams in China)』(2013年)

この作品は大学時代に知り合った英語好きの三青年、成東青・孟暁駿・王陽が、紆余曲折(挫折)を経ながらも中国人のアメリカ留学を支援する英語教室(英语培训学校)「新夢想」を起こし、成功(中国夢)を手に入れるというストーリー。

この中で「新夢想」の上場を目指す孟暁駿とそれを止めようとする成東青が経営者会議で対立するシーンがある。「新夢想」の最高責任者・成東青は孟暁駿の持つ株式の割合を減らす計画を立て、上場を阻止しようとする。以下の台詞は77:40過ぎあたりから。

孟晓竣「你现在用利益集结了在座所有的人,未来我提的任何计划,你们都可以否定。你开始接管了,对吗?」

成冬青「我同意。现在,这是制度。」

孟晓竣「『资治通鉴』釜底抽薪,对吗?绝对的明朝万历年间的事,但成冬青你别忘了,现在是什么年代?」

孟暁駿「今お前は利益でここにいるみんなを釣って、将来俺が出すあらゆる計画を、全部否定できるようにしている。お前は(俺の取り分を)接収管理し始めようとしている、そうだろ?」

成冬青「私は同意している。今はこれが制度だ。」

孟暁駿資治通鑑(しじつがん)』に言う「釜底抽薪(抜本的解決を図る)」ってやつか、そうだろ?釜底抽薪は)まちがいなく明王朝の万暦年間(はるか昔)の出来事だ。けど、成冬青忘れるな、今は何時代だよ!」

『資治通鑑』は中国北宋時代の司馬光らが編纂した歴史書の名前。