タグ別アーカイブ: 語学

15日に出国。国境なき競争に晒される覚悟は…

現在私は日本に住所がなくなり、埼玉県越谷市の某老人ホームに「入居」しながらそこで働いている。今日午前中に上司から「来週15日に出国が決まった」との連絡があった。

その後午後に大宮の法人本部で中国人参加者ばかりの国際交流会議に参加し、そこで私のビザとパスポートを受け取った。会議では今年アジアで行われる医療介護関連の展示会への参加スケジュールや外国人介護士及び研修生の受け入れ準備などがテーマとして話し合われた。

会議終了後私が中国滞在で住む予定のアパートを見せてもらった。3LDKの大きなアパートで当面私一人なのでほとんど部屋は使わないだろうなと思った。日本語教師として中国に滞在していたときも大学から教師用の大きなアパートを提供されたが、いかんせん一人なので最小のスペースしか使わなかった。今回果たして状況は変わるだろうか。

さて、日本語教師時代は中国で日本語が分かるというだけで私にある程度価値が生まれたのだが、今回のプロジェクトでは日本語が分かるだけでは話にならず、中国語を使って仕事をして初めて私に価値が生まれる。日本語教師時代は日本語を学ぶ中国人学生たちに随分偉そうなことを言っていたなと今でも思うが、今回逆の立場になって彼らに笑われないようにしないと…現在日本語が使いこなせるハイレベルの中国人たちと仕事をしているが、同時に国境を跨いだ人材競争にも晒されていると感じている。

「HSK試験監督官」に認定!

12月4日の日曜日は2016年最後のHSKがあった。私は東京の試験会場=東京女子大学(東京都杉並区)で一日試験監督の主考(主任)をつとめた。

朝6時前に家を出て東京女子大学には7時過ぎに到着した。受付開始は9:10からで最初に本部からの説明を受けた後、8時前には自分の担当教室の会場設営にとりかかった。試験監督官は私のほか2名いて、担当教室に来る受験生の数は97名。

試験監督官の経験者は私を含めて2名、もう1名は初参加だった。ちなみに経験者の方は湖南省出身で来日6年目になるという男性の中国人青年だった。経験者が2名いたので、会場設営は前回参加時よりは早く終わってほっとした。

午前中は4級試験だった。受験予定者97名中欠席者が22名とかなり多く、主任はその名前と受験者ナンバーを記録表にいちいち記入しないとならないので少々面倒になる。トラブルとしては補佐官から試験中に「問題用紙の数が合わない」との報告があったが、カウントミスがあったようで最終的には数が合った。

午後は5級試験。級(難易度)が上がって欠席者が減るかとおもいきやかえって増えて受験予定者97名中28名が欠席……。そのため机の空きがけっこう目立つ。年末だから忙しくて欠席者が多いのかそれともいつもだいたいこれくらいなのだろうか……。

トラブルは最初に起きた。13:30に試験を開始してすぐ補佐官から「受験生が1名会場を間違えて座っている」との報告があった。びっくりして思わず「ええどうして!?」と言ってしまったが、即座に判断してその受験生にはすぐに会場を出てもらった。その他、受験生からはラジカセの音量が最大音でも小さい、空調がカタカタ鳴ってうるさい等の訴えがでた。

試験監督官初参加の男性は午後の試験の方は大分余裕が出てきたような印象を受けた。かえって私のほうが試験会場を間違えて入室した受験生のこともあり動揺してしまった。中国人の試験監督官の方は経験者なのでクールにこなしていた。

筆記試験が終わるとひと通り撤収作業をしたが、今日はさらに夕方から口試(会話能力試験)もあるので掲示物は一部そのままになっていた。監督官全員は試験終了後に一度休憩室に集まり、お菓子を食べながら本部の方から来年以降のHSKの展開等について説明を受けた。ちなみに今回私は試験監督官3回目の参加だったので、表彰を受けて「HSK試験監督官」に認定された。

img_20161204_181336

今後は中国本部の世界認定資格者試験を受けられるようなので、これなら来年中国に滞在した後も何らかの形でHSKと関われるだろうか…。

HSK中国留学・転職フェアに参加

今日は9時過ぎから五反田メッセで開催されたHSK中国留学・転職フェアにスタッフとして参加してきた。

img_20161016_134025

今回は五反田メッセでHSKの試験があるだけでなく、会場には同時に中国留学ブース及び中国語を活かせる企業に転職を考えている人向けの転職ブースが設置されていて、本気で中国語を使う機会を探している人にとっては楽しめるイベント内容になっていたのではないかと思う。

img_20161016_150457

私の仕事は会場案内だったのだが、上海東方衛星テレビの若い女性の東京駐在記者が取材に来ていて、彼女から6級試験が終わる時刻を尋ねられた後、少し雑談をした。私の経歴や来年から上海で働く予定だという話をすると大分興味を持たれたようで一応名刺交換もしておいた。

留学と転職のブースでは相対的に前者の方に人が多く集まっていた。中国の各大学から先生たちが日本人留学生の募集に来ていたのだが、中国留学に関心を持つ日本人が少なくないことを伝えられてよかったのではないかと思う。

HSKのイメージキャラクターで中国出身のタレント・段文凝(だんぶんぎょう)さんも午前と午後で2回自身の著書に関するセミナーを開いていた。セミナー会場のブースは満員で段さんの日本語もとても流暢で素晴らしかった。

img_20161016_154051_burst002

唯一気になった点は来場者のために用意された「弁当」だった。300円と500円のものがあったのだが、どう見ても値段不相応な感じのする弁当だった。案の定、最後には相当売れ残っており、私も含めスタッフが大量に持ち帰っていた。来年も留学・転職フェアを開催することが決定したようなので、次回の弁当はもっとボリュームアップしてもらいたいと思う。

帰りには新宿に立ち寄り、来週の日曜からの江陰・上海出張のため、外貨両替で1000元を手に入れた。まだ半分信じられないのだが、本当に来週の日曜には約2年ぶりに中国に降り立っているのだろうか…

img_20161016_162123